景色は遠退いていくけれど、ここに感情は残り続ける。悲しみは遠くに捨てるのではく自分の中に溶かしていくのだ | DIALUCK – あの街まで

 

個人的なツボである”ロードムービー系”ミュージックです。MVもまさにそのもの。綺麗なギターの浮遊感あるメロディにいつまでも続いていくようなロードムービー的な唄声。ボーカルharuの喋りかけているような自然体の声もすごくいい。

『あの街まで』はことばも刺さります。特にサビ部分の

君の待つあの街まで行こう/悲しい顔してもごめんねなんて言えない/置いてきた夢の続きへと行こう/昨日にバイバイしながら

という歌詞が、本当に本当にこの歌にぴったりで素敵なフレーズです。ここだけ繰り返し聴いていたい。

時間は進んでいくものだから、目にした景色はどんどん後ろに遠ざかっていく。でも進み続けている自分自身はいつまでも”ここ”に居て、モヤモヤした感情も引きずったまま。でも、無理やり捨てようとするんじゃなくて、たくさんの景色を費やしていきながら少しずつ自分の中に溶かしていくのが、正しい感情の消化の仕方なのかもしれない。この曲を聴いてそう感じました。

この曲のMVのひたすら道をバイクで進んでいく構成は、(そもそも解釈自体が勝手な妄想に近いですが)その意図を上手にビジュアライズしていると思いました。

辛い気持ちを消化したいときに聴き浸るべき名曲です。

Official Info
DIALUCK Official Website