不意に揺れ沈みかける心に一筋の光を導いてくれる | 雨のパレード – Tokyo

 

雨のパレードを最初聴いた時「おそるべき才能の静かな開花を見た」と思いました。何が心を掴んで離さないって、楽曲の中に既に強い思想とか哲学とかなりを感じるんです。もう自分たちの文学が既に完成しているという恐ろしさを感じました。

この『Tokyo』はそれをさらに確固たるものに磨き上げたような楽曲です。切なくて情動に強く訴えかける唄声。音自体は激しくも派手でもないのに、イヤフォン越しに嫌というほどに強く強く鳴り響いてくる音楽。

「自分を見てくれている人は誰もいない、世界にはいま自分ひとりきり」という心の淵に沈んでいく感情を歌った歌は数多くあるのに、ここまで新鮮に心に届くのはなぜだろう。あの特有の感情を最短距離で最小単位で書き上げた歌、という印象。きっと、ボーカル福永浩平の持っている文学の深さはこんなもんじゃないでしょう。

Official Info
雨のパレード Official Web Site